2018年09月28日

パソコンの製品登録前にレシートを無くしてしまった時の対処法

この1つ前に『パソコンメーカーのユーザー登録と製品登録』をしたことを書いていまして。→夏に買ったmsiノートパソコンの製品登録をしてみる

その中で、
私はレシートを無くしてたのでちょっと大変でした…(´;ω;`)
と書いてるんですけども。

msi登録5.jpg

この画面の次の次くらい…
購入日などを入れる画面でのことですね。
そこでレシート・購入証明書などの画像を送信するんですけど…

レシートを無くしてしまっていたので、ここでしばらく詰まってたんです。


その時に、レシートの再発行が数か月経っていてもできることを教えていただいて
『再発行って思っていたより気軽にお願いできるのか!』と驚いたので
備忘録も兼ねて、そのあたりの話をここに書き残しておきます。


*--------*


レシートの再発行に必要だったのは、
*購入したことを証明できる履歴
でした。

なんとこれ、【会員カード・ポイントカードを使った履歴】でも可能なんだそうで。意外でした…。
購入時に同時発行して、その場で初めて使った場合でも大丈夫でした。

購入時にクレジットカードを利用していて、
購入履歴を参照できるものがあれば
【クレジットカードの利用履歴】から調べることもできるかもです。

このあたりはお店によって違うので
(そもそもレシートの再発行をしてもらえるかどうかもお店によって違う)
まずは購入したお店に連絡をして、聞いてみるのが一番良いです。



…というわけで、私は購入したお店に連絡してみました。
お問い合わせが苦手なので、苦手なりに切り出し方を考えて

『すみません、ちょっとお尋ねしたいんですけど…
【そちらのお店で〇月頃に購入したパソコン】のことなんですけど、
【パソコンメーカーへの製品登録のためにレシートが必要になった】のですが、無くしてしまいまして…
【購入時のレシートの再発行】をお願いしたいのですが、可能でしょうか?』


というような聞き方をしました。

【】の中は、個人的に
最初から伝えておくとスムーズにやり取りがしやすくなると思ったので入れたことです。
上から順に、

【どこでいつ購入したどういう品物なのか】
【どんな理由でレシートが必要になったのか】
【何をしてほしいのか】


を伝えています。


すると

【購入者の名前】
【購入日】


を聞かれたので答え、
同時に会員カードも作成していることをお話したら

【会員カードの番号】

も伝えることに。

会員カード・ポイントカード利用の有無で、
購入履歴の特定しやすさが違うみたいなので
もし買う時に利用していたら、そのことを伝えた方がいいです。


データが見つかって、再発行が可能な場合は
レシートをどのように受け渡しするかを問われます。

たいていはお店に直接取りに行くことになりますが、
お店が遠方だったり、通販などで購入した場合は、郵送していただける可能性もあるので
お店と要相談です。


私の場合はデータが照合でき、再発行も可能、車で行ける距離だったので
購入したことを確認できるもの(会員カードと購入時の書類)を持って、その日のうちに受け取りに行きました。


発行していただいたものは、レシートとは違う形でしたが
メーカーへの製品登録はできました。
「もし登録できなかったらまた連絡くださいね」と言われていましたけど
無事に登録できてよかったです。


*--------*


レシートの再発行なんですけど

どんな業種でも、
【領収証が欲しくて再発行】
というのは、お店によってはできないことがあるのは伝えたいです。
2枚出すことは二重領収…2回お金を徴収した、と取られかねないからです。

他にも、それを使って経費をごまかしたり…ができなくもないので
悪いことに使われないようにするため、片方しか出さないお店もあります。

なので、もし
この記事の趣旨である【パソコンの製品登録のためのレシート再発行】ではなく、
【領収証が欲しくて領収証(もしくは領収証として使えるもの)を再発行】をお願いして、対応してもらえなかった場合でも
お店側にも再発行しづらい事情があるのだ…と知っていただきたいので、書き添えておきますね。



一番いいのは、レシートを無くさないことです。
無くすとこんな風に手間がかかり、大変な思いをすることになるので…

パソコンに限らず
購入時のレシートは無くさないよう、かつ分かりやすいように保存するべきだと思った1件でした。
posted by 碧乃 at 21:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏に買ったmsiノートパソコンの製品登録をしてみる

7月にノートパソコンを買い換えたのですが、
実は製品登録をしていなくて…。

これまで一度もこういうのをしたことが無かったので、やらなくてもいいかなと放置してたんですけど
『せっかく高くて良さそうなパソコンを買ったのだからちゃんとしよう』
という気持ちが出てきたので
製品登録してみることにしました。

以下に手順をメモしておきますが
購入時のレシートの写真が必要になるので
あらかじめ準備しておくと、とても楽に進められます。
私はレシートを無くしてたのでちょっと大変でした…(´;ω;`)




レシートの写真を準備したら、登録開始です。

まずはmsiの公式サイトを開いて
トップの画面にもある【製品登録】をクリック。

こちらの
【メンバーおよび製品登録センター】
ってところから登録するようです。


msi登録1.jpg

普通に登録しようとしたら

msi登録3.jpg

入力項目が多すぎて大変そう…(;´・ω・)


なので、登録時に入力する項目が少なかった
googleアカウントを使う方法で登録することにしました。


msi登録2.jpg

登録に使うgoogleアカウントを選択して、

msi登録9.jpg

この項目を埋めます。

メールアドレスでの登録時に出てきた項目は、
こちらだと後から好きなタイミングで埋めればいいみたいです。
登録はサクッと終わらせたい!って方は、こっちのほうがいいかもしれません。



…という感じでアカウント登録はgoogleアカウントを使って簡単にできたのですが、
製品登録ができなくて…

msi登録4.jpg

このエラーメッセージらしきものいわく、
この日のこの時間は登録できないそうで。

これは日本時間ではないみたいで、1時間の時差があり
ここに書いてある13:30ではなく、14:30以降に再度試みると
登録画面に進むことができました(/*´∀`)/

ここに書いてない日付だと、時間関係なく登録作業をできました。
書いてある日のみ時間を気にしないといけないみたいです。


登録する製品の種類を選ぶと、

msi登録5.jpg

どっちのやり方で登録するかを聞かれます。

手動で製品登録をする側は、バーコードをクリックすると
『この辺にあるコードを入れてね』って案内が写真付きで出てきて、
それ通りに入れていけばいいみたいですが

もう1つのMSI Register ヘルパーって、
この辺のがよく分からない人でも登録できるようサポートしてくれるものなのかな…。

と気になったので、
MSI Register ヘルパーを使ってみることに。
初めての登録だから失敗したくないですしね。


ヘルパー側をクリックすると、

msi登録6.jpg

ダウンロードが始まります。
同時に説明も展開されるので、ダウンロード中に目を通します。

ダウンロードしたファイルを開くと、1つだけプログラムがあります。

msi登録7.jpg

これを起動させると

msi登録8.jpg

自動でさっき登録したメールアドレスシリアルナンバーを入力してくれるので
submitをクリックして送信します。

このプログラムを消すと、次へうまく進めないことがあるので
残したまま元のブラウザに戻って【次へ】をクリックします。
すると、データの読み込み中と一瞬だけ出てから
「できた!」という内容の書かれた小窓が出てきて、製品の登録ページに移動します。


難しそうな項目の
製品名・モデル・シリアル番号
さっきのプログラムのおかげですでに埋められているので、
残りの購入日・購入した場所・店名・購入証明書を埋めます。

購入証明書はレシートでもOKです。
最初に準備した購入時のレシートの写真はここで使います(`・ω・´)b


msi登録10.jpg

登録を終えると、延長保証の特典を受けられるアンケートの回答をするかどうかを聞かれます。
13項目と少し長めですが、1年間の保証延長を購入していない人は3か月の延長保証を無料で受けられるようで。
しておいて損はないと思ったので、私はしておきました(*`・v・´)



これで登録はおしまいです。
購入時期によっては特典があったり、キャンペーンの対象だったりするので
登録後は一度そのあたりに目を通しておくと、いいことがあるかもです。
posted by 碧乃 at 17:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

野菜と食事量の調整でダイエットしてみる。

まずは数字を出します。


8/15
ウエスト75.9cm
下腹部90.7cm
太もも右56cm/左55.3cm


この数字。
これは夕飯後、夜食を食べてそんなに経たないうちに測ったので
本気でダイエットをしたいのなら、これを上回ってはいけない数値です。


これを約1か月で落とすために
苦手…というより好きではない、食事制限を試してみました。


なぜ食事制限が好きではないかというと、
すぐにリバウンドするイメージが強いからです。

ダイエット期間だけ制限しても、終わってから元のような食生活に戻ったら増えてしまうのと
『そこまでする?』って聞きたくなるようなすごい食事制限をしている人達を見てて、
そんなに痩せている様子が無かったのもあり…

だから体を動かすダイエットばかりを選んでいたんですけど
ケガが治らないので、それを諦めるしかなくなったんです。
絶対痩せたいのなら食事制限を入れないといけない状況になった、とも言い換えられます。


制限とはいっても、牛乳だけーとか炭水化物抜きーとかいうものではないです。
間食は減らしますが、家族の都合で完全に無くせないし
今回のダイエット期間が終わった後でも続けていけそうなやり方をしたいので

日中の食事量を増やして夜ご飯の食事量を減らすことと
夜ご飯に野菜を食べる機会を増やす
の2つを試しました。

後者の野菜は、無理せず続けやすいよう
サラダだけでなく、野菜炒めなど加熱後のものも含めて『野菜』としました。
ただし食べるの限定なので、野菜ジュースは含めません。

どちらも毎日徹底してできる環境に無いので
期間を9/13までと決めて、その中で無理をせずゆるく実践しました。


なお体重よりも見た目を優先してのダイエットなので、
体重は毎日測ってないです。
あんまり測る項目が多いと、調べる時間が作りづらくなっちゃうのもあります(;´・ω・)


*----途中経過その1----*

8/18
8/17の夜ご飯で、普段よりもサラダを多めに食べたのですが
翌日は身体が軽く感じました。
しばらく夜ご飯に食べるサラダを多めにしてみようと思います。


*----途中経過その2----*


8/31
週に2~3ペースでサラダを食べる生活を継続したら、
ピーク時よりも2kg落ちました。
けれどウエストや下腹部、太ももが落ちた気がしないので
もうしばらく続けます(`・ω・´)

*----途中経過ここまで----*


9/13に結果を測定しました。

まず体重、
50.9kg
8/31から増えた体重を落とすために、時間帯に合わせた食事量の調整もプラスしたら
増えたあとから約4kg落とせました(*´∀`*)

ウエスト74.8cm
下腹部89.6cm
太もも右54.4cm/左54cm


食後だと+2.5kgで、31日と変わらない体重になってしまいましたが
効果は出ているので
また機会を作れればやりたいです。
食後でも9/13の数字になれれば、その先のダイエットへの意欲も出てきそうですしね。

posted by 碧乃 at 22:41| Comment(0) | ダイエット・スキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

スマホアプリのminergateのマイニング機能が消えていた

少し前の話になりますが、
minergateのアプリのマイニング機能が削除されたようで…。


google playだけでなく、iPhoneのストアでもマイニングアプリが禁止になったみたいで
スマホでこれまでのようにマイニングできなくなりました。
禁止になった理由は、裏で勝手にマイニングさせる悪質なアプリ等が出たから…と見かけましたがどうなんでしょう。

スマホで掘ることもあったので、この変更はちょっと辛いです(´・ω・`)


代わりになるものを(軽くではありますが)探してみましたが、
私の環境では無さそうでした…。
そんなわけで、今はパソコンでのみマイニングしています。


怖くない範囲でクロックして、どこまで稼ぎが増えるのかを試しているので
もう少しまとまったら記録を残す予定です。
posted by 碧乃 at 21:08| Comment(0) | 仮想通貨・マイニング関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

クラウドマイニング

マイニングの話がちょいちょい出るようになったので、マイニングのみのカテゴリを作ってみました。
過去記事も暇を見つけて分類します。


クラウドマイニングを利用してみようと思って調べてみましたが、今だと赤字になる可能性のほうが高いみたいですね。
ずっとパソコンを起動しているのは難しいから、お金を払ってマイニングしてくれるクラウドマイニングを利用してみたかったのですけど…

使ってみたいと思った理由とやめた理由を
簡単でとてもざっくりとしてますが、それぞれメモしておきます。


利用してみようと思った理由
1.ずっとパソコンを起動しているのが難しいから
2.自分のパソコンでは性能面で限界が見えたから
3.電気代が高すぎて節約したくなったから


パソコン、ずっと起動してると壊れるの早くなるんですよ…。
2年~長くて5年は使いたいので、あんまり負担はかけすぎたくないなと。

性能面では、マイニングのためにグラフィックボードを何枚も使ったタワーとか組んでる人には当然ですが
普通に使う分には十分すぎる性能だけれど、マイニングはかなりうまくやらないと黒字にできるほどにならない

仮に同じ額のお金が飛んでくとしたら、少しでも稼ぎが上がる方を選びたいと思いました。



やめておこうと思った理由
1.手数料分の元が取れるかどうか非常に怪しくなってきた
2.個人でなく企業で参入してくるようになったから利益を上げづらくなったらしい
3.クラウドマイニングのサービスを終了した企業がある


3のソースはこちらです→クラウドマイニングのハッシュフレアがサービス中止、利益を上げるのが困難に
記事によると、過去1ヶ月にわたり契約の支払い額がサービス手数料を下回ったため、ユーザーの残高に収益を計上することができなかったとのこと。
掘ったコインを値上がりするまで蓄えて、上がってから売ると利益を出せる
というのは見たんですけど…きっとそれも難しい状況なのかなぁと勝手に想像しました。

これらを知って、クラウドマイニングに手を出すのはやめておこうと思いました。
もう少し様子を見て考えることにみます。
posted by 碧乃 at 19:00| Comment(0) | 仮想通貨・マイニング関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。